English 中文簡体 中文繁體

どうとんぼり神座

こだわり紹介
素材・製法のこだわり
facebook
twitter
Instagram
YuTube

BRAND POLICY

- こだわり -

麺のこだわり

麺作りは、水と小麦の相性から 麺作りは、水と小麦の相性から

1日に3万食以上の大量製造で重要なのは、あらゆる数値の数値化による数値管理。
麺づくりと向き合った30年間の職人の拘りを数値化し大量製造に反映しています。

原材料である小麦と、副原材料であるかん水との相性、バランスの追求。
そして小麦の状態、かん水の水温、室温、湿度の拘りも数値化し徹底管理しています。

ボリュームと長さにも拘りがあります ボリュームと長さにも拘りがあります

麺の食べごたえに大きく関わるのが、麺のボリュームと長さ。
麺1玉120gの神座のおいしいラーメンは、1玉100gの一般的なラーメンに比べて
1.2倍のボリュームがあります。

また、麺の長さにも拘っています。
お客様が1口ですすりやすく、食べごたえのある最高の長さを実践しました。

環境づくりこそ熟成の命 環境づくりこそ熟成の命

熟成こそ麺の命です。
温度、湿度、熟成期間のコントロールで、麺のもつ独特な食感、味の深み、コシ、
のどごしが決まります。

熟成こそ麺の命。熟成期間の衛生管理だけでなく、大量製造ならではの積み上げられた保管状況の中、保管スペースのどのポイントでも同じ環境になるように環境をコントロールします。

スープを引き立てる最高の麺 スープを引き立てる最高の麺

熱湯で素早くほぐし、コシのあるのどごし柔らかい最高の状態に茹で上げます。
茹で上がって湯切りされた麺が先に器の中でスープを待ち、
その上にどうとんぼり神座のおいしいスープとたっぷりの具材が注がれます。
実は、一般のラーメン店とはこの最後の調理工程が違います。そしてそれもおいしさの秘密。

ほどよくスープを含みスープと絡んだ中細ストレート麺をどうぞご賞味ください。