English 中文簡体 中文繁體

どうとんぼり神座

こだわり紹介
素材・製法のこだわり
facebook
twitter
Instagram
YuTube

BRAND POLICY

- こだわり -

白菜のこだわり

白菜作りは、挑戦の連続です 白菜作りは、挑戦の連続です

奈良の自然が育んだ土・水・空気をそのまま閉じ込めることができれば
美味しい白菜が生まれます。

白菜づくりの原点は、土に拘り、水に拘り、空気に拘るところからはじまります。
その拘りとは私達農家の白菜に対する愛情そのものです。

妥協はしない 妥協はしない

形は二の次です。
栄養価が高く、甘くて美味しい白菜を育てるには、とにかく自然を閉じ込めること。
害虫や天災と戦いながら、環境整備に妥協はしません。
そうして閉じ込めた自然が、ビタミンC・カルシウム・鉄分・カロチンといった栄養価に変わります。

品質検査・裁断 品質検査・裁断

我々はプロですから当然、見ただけで出来栄えを感じることができます。
ズッシリとした手ごたえはあるか、しっかりと葉が巻き付いているか、
毎年の事ですが、手に取り出来栄えをチェックするときには緊張します。

当たり前ですが、鮮度のある良い白菜は裁断面も美しいものです。
単に甘くておいしいだけではなく、100種類以上もある白菜から私達が目指すのは、
どうとんぼり神座のスープに合うオンリーワンです。

白菜をカット加工 白菜をカット加工

いよいよ最終工程です。
愛情たっぷりに育った白菜の繊維を壊さないように細心の注意を払う必要があります。
スパッと鋭くカットしなければ、壊れた断面から痛みや苦みが現れます。
また、長すぎてもダメ、短すぎてもダメ、ラーメンの具材としてお客様が召し上がるのにベストな大きさをイメージしてカット加工をします。

ようやく、どこにもない味のどこにもない白菜としてお客様の元へ旅立ちます。