English 中文簡体 中文繁體

どうとんぼり神座

こだわり紹介
素材・製法のこだわり
facebook
twitter
Instagram
YuTube

BRAND POLICY

- こだわり -
接客・清掃の
こだわり

接客・清掃のこだわり

Make people happy

接客とは和の心が宿るオモテナシ 接客とは和の心が宿るオモテナシ

その時、その空間に求められる行動を形にし、品の良さを感じていただける接客を私たちは
目指しています。品の良さだけではなく、TPOに合わせて、時には溢れる熱気と活気のある
雰囲気を、時には落ち着いた静の空間を演出するための立ち居振る舞いが求めれらます。
勿論マニュアルは存在します。マニュアルは最低限の行動基準として捉え、いかにお客様の心の
満足度を高い領域で一定化できるかは、お客様ひとりひとりのお気持ちを察し、何ができるかを
考え実行します。その時、その瞬間、何が求められているのかを感じて、空間にフィットする
『丁度いい』接客を選択することこそ私たちの目指すところです。その領域にたどり着くには
まだまだ修行が必要です。日々、精進し、接客とは何かを考え続け、お客様に心からご満足
いただける様に、いつの時代にも品のあるオモテナシを私たちの手で。

お客様の声で私たちのこれからを考えます お客様の声で私たちのこれからを考えます

今、ご満足いただける価値をご提供できていますでしょうか?常に付加価値のある商品と
サービスをご提供できていますでしょうか?お客様からのお褒めの言葉、ご指摘、お叱りを
いただきながら私たちは今と向き合い、これからを考えます。創業以来30年来ご愛顧いただいて
いるお客様に感謝し、これからを探しています。お客様アンケートから実に様々なご意見を
いただけます。今後の出店場所や商品構成に対するリクエストがいただけたり、弊社を使って
いただけるシチュエーションだったり、お子様が描かれたスタッフの似顔絵だったり、当然、
商品とサービスの評価だったりします。貴重なご意見をありがとうございます。

改善への取り組みが成長に繋がります 改善への取り組みが成長に繋がります

スタッフひとりひとりのモラルや意識に対することは緊急性を持って取り組みを創り、月単位で
結果検証します。また、企業として経営に関わるほどの重要性のあることは長期的にブレイクダウン
して四半期で取り組みを創り、結果検証を繰り返します。まだまだ若い組織の弊社は、数多くの
未熟さを抱えています。そのひとつひとつと確実に向き合っております。成長というより改善
という言葉が今はまだ、どうとんぼり神座には相応しい表現です。改善を繰り返し、幅広い世代の
お客様に高いご評価をいただけるようにスタッフ一同精進してまいります。

どうとんぼり神座が和の心を世界に届けます どうとんぼり神座が和の心を世界に届けます

改善への取り組みが成長に繋がります

日本の和の心が最高のホスピタリティーの原点だと考えます。
現在40店舗、これからも拡大を模索する外食チェーンにあって、マニュアルにとらわれず、スタッフひとりひとりが和の心を大切に目配り気配りができることを目指しております。
どうとんぼり神座が日本の食文化として語られる日を夢見ております。そして、我々が和の文化を世界に届けます。日頃からご愛顧いただき誠にありがとうございます。

段階に応じた社員研修を実施 段階に応じた社員研修を実施

勉強会の代表的なものが社長塾です。弊社の代表である布施が講師となり1時間の経営セミナー、
1時間の質疑応答の2部構成で実施されます。商品開発の考え方、教育の方法論、仕入から経営
まであらゆるジャンルの話がありますが、1日1ジャンルで徹底して掘り下げてレクチャーを
します。その他、新入社員からエリアマネージャークラスまで、役職に分かれての勉強会が多く
あります。社内外から様々な講師が実に多くの勉強会を開催します。理念教育研修、社会人基礎研修、
衛生管理講習、QSC基礎講習、店長業務の基礎を学ぶ研修、外食店基礎講習、FL管理講習、
生産調達物流基礎講習、CS研修、エリアマネージャーとしての期待と役割を学ぶ研修、労務研修
など様々な勉強会を実施しております。

レベルアップカルテ レベルアップカルテ

OJTの基本ルーティンを神座の文化でアレンジして、実践形式に分解し可視化したレベルアップ
カルテにて接客レベルの基本教育、管理維持、向上の順にステップアップしていける内容に
なっています。作業の前に、お客様との接客が第一、笑顔で会話し、その上で、各ポジションが
行う作業があり、丁寧な仕事(接客)を少しずつスピードUPしましょうという考え方です。
実践の中でのOJTですから対応できる業務量を徐々に増やすという考え方です。ウィークデイの
アイドルタイム→ディナータイム→ランチタイムで実績を積み、繁忙期のアイドルタイム→
ディナータイム→ランチタイムとステップUPという手順で各ポジション習得を進捗確認するのが
レベルアップカルテです。

入社1〜2年目の研修フロー 入社1〜2年目の研修フロー

営業推進室 マネージャー 荻原 圭介

全社的に掲げる「QSC向上」の強化を担う部門として2015年に立ち上がった営業推進室で
マネージャーをしています。私は大学生の頃から「どうとんぼり神座」でアルバイト勤務を
していました。そして仕事にヤリガイを感じて新卒にて入社をしました。当時、私がアルバイト
勤務していた店舗は180席の超大型店でした。大勢のスタッフでの営業は、それぞれの個の
オペレーション能力と、セクションリーダーのマネジメント能力が試される場面が数多くあり、
仕事を覚えれば覚えるほど躍動できる自分を感じられるのです。高いレベルで切磋琢磨することが
できるのは神座しかないと思いました。仕事は常に真剣勝負、お客様に最高の商品とサービスを
提供することこそ我々の存在価値だと考えます。それを推進するのが営業推進室のミッションだと
思います。どうとんぼり神座の「おいしいラーメン」を楽しみにご来店いただく全てのお客様の
為に、店舗とは違う角度でどんどん関わっていきたいです。

清掃 清掃

おいしい料理と清潔な空間 おいしい料理と清潔な空間

お客様に清潔な空間でお食事を楽しんでいただくのは勿論、美味しい料理は綺麗なところからしか
生まれない。これが、どうとんぼり神座の文化です。客席だけでなく厨房のあらゆる空間を清潔に
管理維持します。常に清潔に、常に整理整頓することを心掛けています。当たり前のことですが、
大事な事です。

愛情はレシピ 愛情はレシピ

料理は、分量と火加減とタイミング、そして愛情です。愛情とは、丁寧に、という意味です。
あらゆるものに愛情を持って接すると丁寧に扱います。食器や商材も丁寧に扱います。丁寧に
扱うから、こぼさない、落とさない、そもそも汚れないし乱れないのです。丁寧に安全に食材を
扱うこと、それがクレンリネスの第一歩です。丁寧さは愛情です。料理の大切なレシピです。

ワンアクションワンクレンリネス ワンアクションワンクレンリネス

仕事は綺麗に、持ち場は清潔に、仕事をしながら片付ける、ワンアクションワンクレンリネス、
どうとんぼり神座の基本です。作業と作業のちょっとした瞬間に、持ち場の空間を清潔に保つ
アクションを心掛けます。水滴も汚れとみなします。ふき取る、流す、洗うを全スタッフが
徹底的に実行します。

バックヤードからダクトまで バックヤードからダクトまで

バックヤードとダクトが清潔に保たれていないと『どうとんぼり神座』のクレンリネス基準では
失格です。勿論、マメに清掃を行わないと汚れます。バックヤードはお客様にお見せする場所では
ありませんが、見えないところから清潔にすることが、おいしい料理に繋がります。また、汚れと
臭いに敏感にならなければ、どうとんぼり神座のスタッフは務まりません。それがクレンリネス。
神座の文化です。